2018
07.25

テレビ業界にはアルファベットがいっぱい!

未分類

よく番組の最後に流れるスタッフロールに

AD」「Pなどアルファベット表記がされていることがありませんか?

 

CAM」「AUD」「CAなど見慣れないアルファベットばかり。

 

実はこのアルファベットたちはほとんどの場合

その人の役職役割を表しているんです!

 

今日はそのスタッフロールに流れるアルファベットの1部をみなさんにご紹介します。

 

簡単に説明すると、次の通りです。

 

P プロデューサー。番組内容や予算を管理して、PR業務なども行う。

D ディレクター。番組のリサーチ・撮影指示・編集など、簡単に言うと監督です。

AD A アシスタントDディレクター。ディレクターの業務を補佐する。

CAM カメラマン

AUD 音声

CA CカメラAアシスタント。カメラマンの補助役で、主にカメアシと呼ばれる。

 

その他にもTD」「TM」「MD」「CPなどまだまだたくさんあります!

どんな人が、どういった風に、その番組へと関わっているのか。

次に目にする機会があれば、少し注目してみるのはいかがですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。