2018
07.11

「強そう!」「か弱そう…」印象を変えるカメラアングル

テクニック

皆さんがカメラで撮影する時、人物は一番身近な被写体だと思います。

実は、カメラアングルひとつで人物の印象が変えられるんです。

 

 

カメラアングルには大きく分けて3種類あります。

 

まず水平アングル

一番よく見るアングルで、安定感日常感のある写真が撮れます。

また、被写体を正確に写すことが出来ます。

安定感はありますが、こればかりではありきたりな印象も…

 

 

次にハイアングルで人物を撮った場合。

水平アングルで撮影した時よりも

か弱い可愛い幼い、といった印象を与えることが出来ます。

 

 

最後にローアングルで撮影した場合。

強そう威厳偉大といった印象を表現できます。

また、人物の脚が長く見える効果もあります。

 

 

このように、カメラアングルを意識してみると

普段とは違った印象の写真が撮れますよ!

 

技術部でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。