2018
06.13

意外と間違いやすい日本語 「煮詰まる」編

未分類

前回の「間違えやすい日本語」では、ビジネスマナーでの「了解」の使い方についてご紹介しました。

今回も、意外と間違いやすい日本語を紹介します!

 

それは、、、、、「煮詰まる」

 

とある会社の後輩A

「先輩のご助言で、煮詰まっていた例の件が終わりました!ありがとうございました!」

 

Aくんは感謝の気持ちを先輩に伝えたかったんです!

 

ですが、この「煮詰まる」

本来は「議論・討論が十分に行われ、結論に達する状態となる」という意味!

後輩くんは「煮詰まる」「行き詰まる」と取り違えているんです!。

 

「行き詰まる」とは文字通り、「先に進める道がなくなる」こと。

「物事が全く進展を見せない、ドン詰まりになっている」という、真逆の意味。

 

「行き詰まる」「煮詰まる」

良く似た言葉ではありますが、まったく逆の意味をもった言葉なんです!

紛らわしいこと、この上ないですね……。

 

感謝の気持ちを伝えるはずが、トゲのある言い回しになってしまう。

そんなことにならないためにも、「煮詰まる」の使い方はしっかりと覚えておきたいですね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。