2018
05.10

テレビ業界に飛び交うちょっと変わった業界用語

未分類

テレビ業界に入って1番最初に苦労すること…

それは…

 

いたつき” “かきわり”“ “バミる“ “インサート“

 

この普段の生活では聞き慣れない言葉の数々。

 

これらは、実は全てテレビ業界で使われる用語

いわゆる業界用語ってやつなんです!

 

テレビ業界に飛び込んだ当初は「一体何を言っているんだろう?」と

頭を悩ませました(笑)

 

そんなテレビ業界で使われるちょっと変わった業界用語をシリーズ企画で

紹介します!

今回の業界用語は…

わらう”

 

「この小物わらって」とディレクターから指示を受けることがADさんはよくあります。

 

その時にこのわらうを知らないと…

 

こんな風に小物に向かって満面の笑みを浮かべてしまいませんか??

 

このわらうの正しい意味は…

わらう=片付るという意味なんです!

 

なので先ほどの例文の正解は

「この小物わらって」はこの小物を片付けて」という意味なんです。

 

ちなみに先ほど冒頭で紹介した業界用語はそれぞれ

“いたつき”最初からフレームの中にいること

 

“かきわり”スタジオセットの一種で、風景や背景を絵で描いてあるもの。

 

“バミる”出演者の立ち位置などを床にテープで小さく印をつけておくこと。

 

“インサート”一連の動画のな中に別の動画を差し込むこと。

 

という意味の業界用語です!

 

テレビ業界に飛び交う変わった業界用語はまだまだ存在します!

それは追い追いご紹介しますね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。