ディレクターとプロデューサーの違いって??

未分類

だんだん温かくなってきましたね…

きょうはテレビ業界のお話を少し。

 

テレビ業界で働いていて一般の人に

「よく理解されていないなあ…」と感じるのが

ディレクタープロデューサの“職種の違い”です。

写真のこの2人。

左がディレクターで右がプロデューサーです。

プロデューサーはカーディガンを肩に巻いている…

それは、10年前のテレビ業界のお話。

本題に戻ります。

ディレクタープロデューサーの違いを簡単に言うと。

 

ディレクター=番組の具体的なリサーチ・撮影素材の編集を担う。

プロデューサー=番組内容や予算の管理・PR業務を担う。

 

もっと簡単に言うと…

ディレクター=番組を作る 

プロデューサー=番組を管理する。

これでわかりましたか?

 

全ての番組が明確にディレクタープロデューサー

区別しているわけではないですが、基本的にはこのような違いです。

 

どちらにも間違いなく言えること

それは“番組にはなくてはならない存在”だと言うこと。

 

テレビ業界に興味のある方はディレクタープロデューサー将来どっちになりたいかの意志を持って

この世界に飛び込むと良いかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。