春の風物詩も見頃に。

テクニック

4月になって春の季節がやってきましたね!

桜のようにぼんやりした色だと実際の色よりも暗く見えてしまいます。

一眼レフカメラで撮影する場合はカメラが勝手に光量が多いと判断して

露出が低く抑えられてしまって写真が暗く撮影されるかも知れません。

設定の露出を上げて調整するようにして下さい。

桜の木を撮影するのではなく、桜の花に近づいて撮影しましょう!

いらないものを省く事で桜が一層、際立ちほかの人とは違う観点で

考える事ができるのではないでしょうか。

花の撮影をする時に活躍するマクロレンズ。

他のレンズよりも大きく写す事ができ、接写をする事でボカしたりもできます。

今の季節にぴったりな桜を撮影してみては。

技術部 隼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。