2017
02.25

真実を知る‼

その他

2月もまもなく終わり、

3月3日は「おひなまつり」ですね。

先日、なんと20年ぶりに全段を組み立て、ひな人形を出すことができました!

一軒家に引っ越したこともあり、

初めて自分の手で、お人形たちを飾っていくのですが…

もう最初から、どこに置いていいのやら

まったくわからない!!

 

みなさん 

   お内裏様 と  お雛様

どっちに置くか迷いませんか?

 

実は、今でもあまりはっきりしていないんですって!

人形の配置は、近代前後で変化があり、かつ、

現在も地域差として残っているとか。

なぜそんなことになったのか気になって、しょうがない!

人形を飾る手をとめて どんどん調べていくと…。

 

かつての日本では「左」が上の位。

西日本を中心に昔ながらの配置を守ってきている家庭もあり、

いま、人形協会では、男雛を向かって左に置くのを「現代式」

右に置くのを「古式」としているとか。

 

日本では、向かって左に配置する家庭が多く

結婚式の新郎新婦もそれに倣っているそう。

いろいろ意味があるもんですね…

 

こういった、知らないことを知ることができる!

そして、疑問が解消されるのも制作のいいところなんですけどもね!

 

家族で四苦八苦しながら「現代式」にして

1時間半もかけて飾りました(;´・ω・)

でも、片付けはアッという間にしなくては!

 

日常の出来事も「うんちく」を調べれば

制作にとってプラスになります!いつか役に立つんです☆

制作部:Hana

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。