2017
02.13

いろいろなシャッタースピードで水を表現する

テクニック

こんにちは。

最近一眼レフカメラを持っている方が増えてきて、一歩進んだ写真を撮りたいと思ったことはありませんか?

そこで今回は、「水」のちょっと面白い撮り方をご紹介しようと思います。

 

水をジョウロで上から下に流し、シャッタースピードを変えながら撮ると、水はさまざまな表情を見せます。

まずはシャッタースピード1/10秒で撮影した水です。

まるで落ちる水が線を描いているようです。

水の「流れ」がよくわかります。

さらにシャッタースピードを遅くしてみましょう。

シャッタースピード1秒で撮影した水です。

先ほどの写真よりも1本1本の線が長くなり、柔らかさ感じる写真になりました。

 

 

反対に、シャッタースピードを速くしてみるとどうなるでしょうか。

シャッタースピード1/250秒で撮影した写真です。

先ほどの写真と比べると、「線」というよりも「粒」のように見えます。勢いのある写真になりました。

さらにシャッタースピードを遅くすると、

水の粒が、まるで止まっているかのように見えます。

こちらはシャッタースピード1/1000秒で撮影しました。

水の流れが止まると、時間も止まっているかのように感じます。

 

このように水を被写体にしてシャッタースピードを変えながら撮影すると、ちょっと面白い写真が撮れます。

滝や川などで流れる水を表現したい時、皆さんもシャッタースピードで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

↑シャッタースピードを遅くして撮った写真

 

↑シャッタースピードを速くして撮った写真

このように、いつもと少し違う素敵な写真が撮れるかもしれませんよ。

 

 

【わたなべ、よこっち、いもと】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。